木の伐採や造園でお困りの方は是非便利屋へ!|パパっと解決

花

困ったときに頼れる

庭

木の伐採や、造園といった作業を請け負ってくれる便利屋ですが、主にどういった仕事をしているか。便利屋は、簡潔にいえば生活上のちょっとした困ったことを助ける業者のことです。「水道の水が止まらない」「ドアノブの調子が悪い」「網戸がやぶれた」「鍵をなくした」 「害虫駆除をして」「引っ越しを手伝って」など、様々なことを引き受けてくれます。一人暮らしの女性や、身体が弱っている高齢者など、家具の移動でも大変です。困ったときに助けてくれる、「町の頼れるおじさん、おにいさん」が便利屋と呼ばれます。リピーターを確保しており、お客様から何度でも頼られ、依頼を受けることも多いです。その為安定した収入が得られています。便利屋は、他業種に比べて小資金から開業できることや、自宅を事務所と兼用にして、携帯電話で注文をとることができます。特別な資格や免許がいらないことから簡単に開業できます。物販業ではないので、在庫や倉庫もいりません。固定客増加によって、年々需要が見込まれており、注目されています。何より、お客様から「ありがとう」の言葉や、やりがいを感じることもできます。

造園は専門の業者によって作られるものが一般的です。造園を作る業者は昔からおり、その技術は非常に高いものとなってきています。造園のデザインなどは家主などと相談することで決定することができます。しかし、家主には知識などはありませんので、基本的に業者に任されることが多くあります。造園はランドスケープとも呼ばれているものです。ランドスケープは和風が持ち味ですが、現在では依頼人に対応するために洋風のものも制作できるようになっています。